[Part 2] 愛犬・愛猫さん向けステンレス製オーダー制作品のご紹介( キャットケージ・ドッグゲート編)

愛犬・愛猫さん向けステンレス製オーダー制作品のご紹介 Part2(キャットケージ・ドッグゲート編)です。
ステンレスとスチール、アルミとの違いや それらのメリット、デメリットなどもお話ししているPart1(ドッグケージ編)もぜひ こちら からご覧下さい!
ということで まずはとても存在感のあるキャットハウスを2つご紹介します。

1)   1つ目、高さが180cm 幅と奥行が90cmと extailの規格キャットケージでは最も大きいサイズとなるヘアライン仕上げステンレス2段キャットケージです。




上段・下段それぞれ観音扉を開けた中の様子です。

キャットボードやステップなどのウッドパネルとともにハンモックや柵周りを覆うサイドスカートなども ブラックで揃えていますのでとてもスタイリッシュでかっこいい仕上がりになりました! オーナー様にも大変ご満足頂いております。



2)   キャットハウス 2つ目、こちらはフルオーダー品なんですが なんと奥面部分を覆う柵がありません!
というのもこちら、ベランダに設置するためサッシ枠の寸法に合わせてヘアライン仕上げでお作りしました。  お天気の良い日にお部屋からベランダに出てゆったり休んでもらうためのお部屋です。




ウッドパネルは防水性を高めるためにウレタン塗装を施し愛猫さんたちの日光浴が気持ちよく出来るよう設置位置にもこだわりました。



そして天井面は設置の際の軽量化を図るために防護ネットをセットしました。 穏やかな風にあたったり お外を眺めたりして猫ちゃんたち、のんびり過ごしてくれていることと思います。




2 +1つ猫さん用品 追加)   キャットタワーならぬキャットシェルフをPaws Crop という商品名 (スチールのブラックフレーム)で お出ししているのですが こちらをステンレス鏡面仕上げのフレームでお作りしました。


この製品、ご覧のようにガラスに似た厚手のアクリル板を棚板に使っていますので 下からお好きなだけ ねこさんたちの姿が眺められる愛猫家さんにとって大変おすすめの製品となっています。




3)   こちらから2つは 壁床固定式のドッグゲート。 コンパクトなスキップフロア状の造りで2頭のしばわんこさんたちそれぞれのハウスにするためフェンス状の柵と扉をヘアライン仕上げでお作りしました。



戸建て住宅 設計の段階から飼い主様、ハウスメーカー様とのお打ち合わせを重ねて とても素敵な愛犬さんたちと住まう設えが完成しました。




4)   こちらも愛犬さんのスペース用に間口幅でお作りした ヘアライン仕上げの特注ゲートです。



親子扉式で 普段は大きい方の扉を使用し 床に金具を固定した子扉側は大きい荷物を出し入れしたりお掃除の際に開くような作りにしています。 なかなか使い勝手が良さそうですね。




5)   そしてこちら、置き型ゲートにしてみては かなり低いし黒いパネルがはめてある・・犬用? と、思われたかもしれませんが、これは なんと↓



このように屋外での設置、カーゲートの下の隙間からの脱走防止&目隠しの用途として愛犬さんたち用の連結式置き型パネル(ヘアライン仕上げ)でした。 今までのお悩みを解決でき ストレスや心配なく わんちゃんたちを庭で遊ばせる事が出来ましたとオーナー様にも大変喜んで頂きました。



DIYが得意な方は角材とパネルを使って何かしら作れそうですが ステンレスですと 軽すぎず 屋外に置きっぱなしでも錆びにくく連結や撤去も簡単でスタイリッシュですのでとてもおすすめです。




6)   ステンレスパーツはガラス色のアクリル板とも大変相性が良く お部屋の雰囲気をとてもスタイリッシュにまとめてくれます。 こちらは単体で使える置き型ゲートを連結させて 長いL字型に組んでお部屋のコーナーに置いて愛犬さん用のハウスとしてお作りしたものです。 ベースとなった製品 [Groove Gate] はこちら



このように長い一直線の連結式ゲートにしたり



コンパクトなL字型に組み替えることも可能です。  この連結仕様は製品としてショッピングページには出しておりませんのでご興味がありましたらどうぞお尋ね下さい。




7) 最後に『おまけ』なんですが 上記のオーダー制作品をもう少しフレキシブルにした小型犬さん向けの製品もご提案しております。[ FLEXY -flex pet panel- ]
使用例としては 以下写真のように ペットシーツを囲うように置いたり 2面・3面と繋げて立ててペットゲートのように使ったり パネル4枚で囲ってサークル状にしたりといろんな使い方ができます。

その上、コンパクトに畳んで立てておくこともできます。 こちらの製品は インターペットなどの展示会でお披露目しておりますが 特におすすめは 小型犬多頭飼いオーナー様やペットゲートを複数箇所に置いたり移動させたりされたい方におすすめですのでご興味がありましたらこちらもどうぞお尋ね下さい。

ということで 2回にわたって様々なステンレス製の愛犬・愛猫さん向け製品をご覧頂きましたが これらはもちろんお好きなカラーに仕上げることも可能です。(通常のスチール製+塗装仕上げよりは割高にはなってしまいますが) そしてextail ではアクリルパネルや木製のパーツなど様々な素材を使って量産品にはないオンリーワンなもの作りを2007年から行っており唯一無二のノウハウでペットさんとの暮らしをご提案しております。 お悩み・ご相談などありましたらどうぞお知らせ下さい。

extail 公式YouTube でも  社員犬セレンのナビゲートで本内容をまとめております。 ぜひご覧になってみて下さい ??




先日早起きして久しぶりに狙った 有難そうなダイヤモンド桜島が撮れました。 2023年をみなさんと平穏無事に締めくくる事が出来ますように??

それではまた!

❐ extail トップページは こちら
❏ 横村製作所 ポータルサイトは こちら
-web info 415-
extail

ドッグゲートや犬用フェンスが本当に愛犬のために必要なのか 改めて考えてみると・・

extail ではたくさんの種類のオーダーペットゲートをお作りしていますが、うちの愛犬にもやっぱりゲートが必要なのかしら・・とお悩みの方も多いと思います。  市販品の簡易的なものも含めて改めて犬用ゲートの有用性を整理して考えてみましょう。

▓ そもそも 犬用ゲートは必要?

  • 脱走防止

犬は好奇心旺盛で、興味のあるものや飼い主を追いかけたり、不意に外に飛び出したりすることがよくあります。犬用ゲートを設置することで、玄関や勝手口からの脱走を防ぐことができます。

  • いたずら防止

特に子犬のころは好奇心旺盛で、家の中を探検したり わざといたずらをしたり部屋に落ちているものを誤飲することも少なくありません。犬用ゲートを設置することで、キッチンやダイニングなどのいたずらしやすい場所への出入りを防ぐことができます。

  • 安全確保

犬は階段やテーブルなど、危険な場所に登ったり、落ちたりすることがあります。犬用ゲートを設置することで、これらの場所への出入りを防ぎ、愛犬の安全を確保することができます。

結論、ドッグゲートや犬用フェンスは、犬の安全や安心を守るために役立つアイテムですので適切な場所に適切なゲートの設置を検討することをおすすめします。

▓ では、適切なドッグゲート・適切な設置場所とは?

  • 犬のサイズに合わせて選ぶ

犬用ゲートは、犬のサイズに合わせて選ぶ必要があります。犬の性格にもよりますがゲートに前脚を掛けた際、飛び越えたり乗り上げたりしない高さが必要ですが 人(住人すべて)が使いやすく無理なく通れる高さと幅のものを用意しましょう。

  • 設置場所に合ったものを選ぶ

犬用ゲートを設置する場所にしっかり合ったものを選ぶことも大切です。玄関や階段、キッチン前や通路など、家族の往来の頻度によって使い勝手や強度具合など様々です。置き型でまたぐゲートなのか開閉できる扉付きのタイプか、あるいは壁や床に固定できるしっかりした扉付きゲートが必要なのか 壁や床の材質、犬が通る頻度など、設置場所の条件とともに愛犬の状況を踏まえ家族と良く話し合って永く使えるものを選びましょう。

  • 素材

素材がしっかりしたものを選びましょう。スチール製やステンレス製のものや 厚みのあるアクリル板は、丈夫で耐久性があります。噛み癖があったり力が強い犬には木製のものは向きません。

  • 構造

倒れたり誤って踏むなどしてしまった場合、本体が変形したり樹脂製のジョイントパーツが壊れやすい軽量なものはできるだけ避け しっかりしたものを選びましょう。ネジ止め式や金具で固定するタイプは、外れにくく安心です。

  • 安全性

犬が噛んだりぶつかったりしてもある程度しっかりした安全性が高いものを選びましょう。犬がパーツを飲み込んだり、怪我をすることのないように配慮されたものを選びましょう。

とはいえ ゲートの頑丈さや安全性を重視しすぎると かえってコストパフォーマンスや人の使い勝手が悪くなっていくので注意が必要です。

▓ 人と愛犬との暮らしにおいて快適で安心なドッグゲートをチョイスする

  • 犬の成長具合やライフサイクルを考える

お迎え入れしたばかりなのか 今後多頭飼いの可能性があるのか 老犬になったときの家族構成はどうなっているのか 分かる範囲で少し先まで想像した上で簡易的な置き型ゲートにするのかしっかりしたものをオーダーで依頼するのか検討してみましょう。

  • ケージやサークルを併用する

愛犬用のハウス(ケージやサークルなど)は確保できていますか? 犬がリラックスして落ち着いて過ごせる場所を与えた上で 家の中でここは入ってはダメ・ここから先は行かないで という場所があるはずですのでゲートを設置する前からそれらのルールをしっかり愛犬と決めておきましょう。  安全を確保するためにもしつけや決まり事を教えることはゲートの設置とともに大変有効な手段となります。
そのうえで犬用ゲートや犬用フェンスを設置する場所の状況も再度確認しておきましょう。

  • 毎日使い 毎日目にふれるものとして心地よいデザインを考えてみる

ペットアイテムが増えてくるとお部屋のインテリアを統一することがどんどん難しくなります。毎日使うものこそ好みのデザインや色を吟味して揃えたいものです。ネットのモールやペット用品店など市販品で気に入ったものがなければオーダーを検討してみましょう。 その際は愛犬との暮らしの中で優先順位もしくはお悩み度合いを家族と話し合いそれらを元に見積もりを依頼してみて下さい。愛犬さんの状況と設置場所の写真、大まかなサイズとご希望仕様をお伝え頂けたらご提案が大変スムーズです。 場合によっては設置業者を手配することも可能ですのでお気軽にお尋ね下さい。

どの犬にも使えて どこにでも置ける万能な犬用ゲートというものはありません。 必要性を感じて使ってみたら あぁ早く利用していれば良かったと思うはずです。ぜひ心から気に入ったものをお選び下さい!


※ ちなみにextail ではご自宅への訪問採寸・取り付け及び 両壁突っ張り型・スライドドアタイプの製作等は行っておりませんので予めご了承下さい。

それではまた!

❐ extail トップページは こちら
❏ 横村製作所 ポータルサイトは こちら
-web info 413-
extail

 

新規ドッグカフェ様のペットゲートをお作りしました!【オーダーゲート検討〜納品までのお話も】

2022年5月、ペットファーストにこだわった、ペットと一緒に店内で食事のできるドッグカフェ Selm Cafe さんがオープンしました。 [場所は嬬恋村 北軽井沢エリア]
開店に合わせて 入り口用に大きなドッグゲートを製作・納品させて頂きました。  改めましてグランドオープン、おめでとうございます!

Read More